これが私の顕微鏡⑤ Nikon・L-Ke

NikonS型をアップして間もないのですが仕事場の日常使用をL-Keに変更しました。S型と同世代ですが上位機種になります。鏡筒、レンズ、コンデンサー、ステージなどは共通なのでまるごとお引越ししました。変わった部品は照明くらいでしょうか。
現時点ではまだ整備がすべて終わったわけではないのですが十分に実践導入できるまでになりました。S型との違いをご紹介しますが、逆にS型のメリットもお分かりいただきたいと思います。(2020.5.9~)

【レボルバーが外れてレンズは5本ですが…】

私は同じレンズを出前スコープやオプチフォトでも使うことがあります。レンズを外すときにボディについたまま回すよりはレボルバーごと外れた方が作業は簡単です。ただし顕微鏡を一台しかもっていない人には不要の機能でしょう。まあクリーニグは楽になりますが。
着けられるレンズがG型では3本、S型が4本、L型は5本。付け替える手間がなくて良いと思われるかもしれませんがそうでもありません。元々がショートバレルと呼ばれる小型のレンズをつける設計に対して、私は後に作られたより大きなCF系のレンズを使うので、プレパラートを外す時にはかえってじゃまになってステージを思いっきり下げる必要がでてきます。一長一短ですね。

【コンデンサーの芯出しができる】

矢印のネジを回すことでコンデンサーの位置を調整できます。これによりプレパラートに正確に光を当てることができ、あえてずらすことも可能になります。
とはいえなければないだけのこと。私も気にせずS型を使っていましたし。

【-Keはケーラー照明】

L-Ke、S-Keの「Ke」ケーラー照明ができるということ。ボディの背面にランプが取り付けられます。ケーラー照明の詳細については日本顕微鏡工業会のページにお任せします。
ただし私が別の顕微鏡でやってきた単にステージ下にLEDを置くのとどれだけ違うかは未確認です。たいていの顕微鏡ではどちらか一つになりますがこのL-Keは両方やれるので近々試してみたいと考えています。ちなみにS型にもS-Keというタイプがあります。

【当面はLEDで応急処置】

ということで当面はアルミ板にLEDを張り付けて集光レンズ部分に落とし込み。G型、S型では50mmφ10mm厚のアルミ板を使っていましたがこちらは40mmφ。落とし込みが深いので20mm厚にしないと取り出せなくなる恐れありです。
このままでは光が漏れて眩しいので急ぎ黒紙を巻くなど要対策です。

【ギヤは大問題】

L-Keを入手してからしばらくは使うことができませんでした。その理由はフォーカスを合わせられなかったからで粗微動装置のカバーを外すとプラスチック製のギヤが割れていました。
私は金属部品を調達できましたが純正部品ではないので入手するのは楽ではないでしょう。
これは他の機種でも見られることです。粗微動のギヤが元々金属でできているものの方が安心です。ちなみにS型には粗動と微動が分かれているタイプと同軸のタイプがありますが、分かれている方は金属です。
私はコンデンサーの芯出し機能と同軸が気に入ってL型にしましたが、一般的には粗微動分離のS型を選ぶのが無難でしょう。