これが私の顕微鏡② 出前スコープ:ニコン・GH2

(2019.3.10)

2018年に入手した顕微鏡です。かつてのニコン製品は様々な部品が交換できたので、その中からもっともボディの軽いNikonGH2を選択。部品の交換や改良を加えて出張用の出前スコープとしました。

【三眼鏡筒で同時に大勢で楽しめるように】

左の単眼鏡筒では1人が覗いている間は他の人は待たされてしまいます。そこで三眼に交換して顕微鏡を覗いていない人もモニターで見ることができるようにしました。イベントには重要な機能です
三眼鏡筒には視野だけ、カメラだけなど光路を切り替えられるものもありますがその分重くなります。本気の撮影やモニター出力が必要な時はオプチフォトに任せればよいこと。出前スコープではフットワーク優先で切り替えなしのものを選びました。

【三眼鏡筒を改造】(2019.9.26)

この顕微鏡が使われていたころは写真といってもフィルムのフルサイズから。周辺をケラレずに撮影するにはアダプタや写真レンズが必要でした。
ところが現在のマイクロフォーサーズのセンサーサイズだと話が変わってきます。接眼レンズを見てフォーカスを合わせてから写真光路上でフォーカスの合う位置にセンサーを置けば問題なく撮影できるようになるのです。
とはいっても接眼レンズがじゃましてカメラを好きな向きに変えられなかったりアダプタがほんの少し長くて接眼レンズで調整する必要もありますが、一眼レフカメラを使えるメリットがそれらをはるかに上回ります。4Kモニターの大画面で顕微鏡像を共有できるようになります。

【対物レンズ&接眼レンズの交換で画質アップ】

有限系ならすべて交換可能。以前オプチフォトで使っていた対物レンズ・PLANシリーズと接眼レンズ・CFW10×に交換しました。対物レンズは解像度が上がってより鮮明な像が得られるようになり、接眼レンズの視野も広がります。

【XYステージも標準装備】

倍率を上げるとフォーカスだけでなく位置の微調整も重要になります。学校の顕微鏡のように単にクランプで押さえるだけでは思うように見るものを真ん中に置くことができません。かつての規格では別にXYステージを購入して使うこともできますがGH2はコンパクトにまとまっているので便利です。

【コンデンサーへの一工夫で暗視野観察も可能】

GH2はコンデンサーも交換可能。PhaseContrastなどにすれば暗視野、位相差観察もできるようになり細胞の核まで見やすくなるのですがめったにそこまですることはありません。
そこまでしなくても実に簡単な工作で観察の幅は広がります。写真は暗視野コンデンサー。何のことはない黒い紙を丸く切ってはっただけ。これでもかなりの暗視野効果が得られます。

【偏斜照明可能なコンデンサーを入手(2019.10.5)】

これはレンズ部分がスライドするコンデンサーです。オマケに回転するので思う方向に影を点けて立体感の観察ができるようになります。
コンデンサー下に

【照明装置はパワーLEDに】

元々ついているのはハロゲンランプ。色を補正するためにブルーフィルターを使っているため三眼鏡筒で光が分散されると視野が暗くなってしまいます。
そこで照明はパワーLEDを使って自作したものと交換。明るく調節もできるだけでなくランプの寿命も長くなるので出先での球切れの心配もなくなります。

【スマホがあれば写真も動画も撮影可能】

画質が良くなるからと一眼レフカメラを使おうとするとアダプタや延長チューブ、撮影用レンズが必要になるだけでなく、撮影範囲の制限も出てきます。
出前スコープで紹介したいのは誰もが簡単に手に入れられて簡単に応用できること。スマホを使えば写真や動画の撮影はもちろんケーブル一本テレビモニターへの出力もOKです。
ただ手持ちで接眼レンズに向け続けるのはブレたり手が疲れてしまうので固定方法の一案を紹介します。