これが私のお出かけキット:プレパラート編

イベントや観察会ではその場でプレパラートを作ることがあります。そんな時に持ち歩くのがこちら。必要最小限を目指してコンパクトかつ軽量にまとめていますがそれなりの機能は発揮しています。(2021.11.30)

【①マイクロピペット】

一番上のケースにはマイクロピペットを2本入れています。容量固定ですが小さいのが魅力で普段は10μlと100μlを入れています(他の容量もあり)。
私は10μl用に白チップも用意していきますが黄色のチップも使えます。
通常はリュック型のカメラバッグに入れるのでそれほど振動があるわけではありませんがケースにはウレタン板をカットして貼り付けてあります。さらにキッチンペーパーで隙間を埋めておくとより安心です。

【②ピンセット&ピペット】

別ケースにはピペットとピンセット入れています。
このセットを使うときはバタバタした会場が多いのでピンセットは安価なものにしていますが、もちろん先端はきちんと研いで合わせています。
ピペットはイベントで人気のミジンコに合わせて先端が太めでのものを選んでいます。

【③スライドガラス&血液反応板&カバーガラスなど】

基本的には5枚用のスライドガラスケースに通常のスライドガラス3枚とホールグラス2枚を入れています。スライドガラス置きの黒い台はプラ板の両端にゴム板を貼ったもの。スライドガラスを浮かせることで裏面を汚したり傷つけず作業中の滑り止めにもなっています。
青いケースには18mm角と丸のカバーガラスとミジンコ観察用のスペーサーとなるシリコンゴムをカットしたものを入れています。
3つの丸い穴が開いているのは血液反応板でサンプルを多めにとってから目的のプランクトンを選んだり洗ったりする時に便利です。

【その他】

あとは空いたところにあると便利なものを入れていきます。ここでは綿棒&つまようじ、セロテープ、ちょうど入る小型ケースとしています。このケースは水漏れしないので必要があればミジンコを入れていくこともできます。

【サイズと重さ】

このケースのサイズはW214×D117×H46mm。今回の内容で438gです。あとは必要に応じて準備します。