これで使える顕微鏡・上級編(04):無限遠光学系について

価格の面から有限光学系の顕微鏡について話しを進めてきましたが、現在の最高級機はほとんどが無限光学系なのでこれについてちょっとだけ書いておきます。(2020.5.5~)

【有限光学系では何ができない? フィルターの挿入】

有限光学系と無限遠光学系の違いについてはオリンパスのページに分かりやすい図もあるのでそちらをご覧ください。
ポイントは無限遠光学系では対物レンズを通った光が平行光線になることです。このためフィルターなどを挿入できることになり蛍光物質を使う場合などに幅が広がります。

【買う時はセットが無難】

無限遠光学系になったことでメーカー同士の互換性はより失われました。ごくごく一部を除けば対物レンズのネジ径も違うので、買う時は目的にあうものがそろったものを買うといいでしょう。

【プランクトン観察なら有限光学系でいいのでは?】

このページをご覧のみなさんに無限遠光学系が必要かと聞かれたらとりあえず有限光学系でいいのではと答えます。
確かに私のメインはCaelZeissのAxioPlanという無限遠光学系の顕微鏡ですが、このページを書き始めた現在はNikonL型にも力を入れ始めました。小型で邪魔にならないのに結構よく見えます。また偏斜照明が簡単にできるのもメリットの1つです。もちろんそれなりに追加投資もしていますけど。

前のページ上級編のもくじ